看護管理者としての思い

八戸市立市民病院 看護局長 千葉 葉子

看護の方針

face

 当院はドクターヘリを含む救急医療、災害拠点病院、青森県がん診療連携推進病院、地域医療支援病院などの役割を担いつつ、急性期病院として医療の貢献に努めています。
 その中で私たち看護師は、病院の理念である「市民の生命と健康を守るため、常に医療の質の向上に努め、患者中心の恕いやりのある医療の提供」を基盤とし、常に患者さんにとっての最善を探求し、最良のケアを提供したいと考えています。
 私たち急性期を担う看護師は、患者さんの心身の安楽を図るとともに、合併症を起こさず、生活機能を低下させずに、患者さん・ご家族が望む場所に戻ることができるように支援することが重要な役割となっています。
 そのため、現在の患者さんの状況を的確に把握し、適切なタイミングで必要なケアを実施しなければなりません。豊富な専門的知識と確かな技術を持って、パートナー看護師と共に、患者さんに起こっていることに早期に気づき、それが何かを考え、判断し、最善の看護を提供したいと考えています。
 また、看護の実践にあたっては、患者さん及びご家族が今まで大切にしてきたこと、今大切にしていることを重んじ、患者さんと共にこれからの生活に思いを巡らせ、自分らしい生活ができるように支援したいと考えています。
 当院は急性期病院であり、多くの患者さんが来院しており、忙しい病院ですが、今日も看護師をしていてよかった、明日も頑張ろうと思えるような職場にしていきたいと考えています。

人材育成について

 看護局の教育理念の最初に掲げられているのが、「急性期医療を担う専門職業人として、自己の能力を十分に発揮し、創造性のある看護実践ができる看護師を育成する」ということです。
 急性期を担う看護師として、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)のパートナーと共に学び、共に育ち、お互いのケアする力を高め、最善の看護を提供できる組織にしたいと考えています。

face

心に残るエピソード

 「あなたらしい看護をしているあなたを見たい」「今のままのあなたでいい」この2つの言葉は、2人の先輩師長さんからかけて頂いた言葉です。
 看護の仕事に疲れ、看護にやりがい感をなくしていた時に「また、あなたがあなたらしい看護をしている姿を見たいよ」。主任になった年の4月に自分がどうしたら主任の役割を果たせるだろうかと考えて苦しんでいた時に「今のままのあなたでいいんだよ。」と声を掛けられました。
 それぞれ、ハッと我に返り、自分を見つめ直すことができました。
 何気ない言葉ですが、自分を振り返り、成長を促してくださった一言だと思い、今でも感謝しています。

e e とどけるん とどけるん ナースストリート 青森県 えがおのひろば