看護職インタビュー・紹介記事

公立野辺地病院

公立野辺地病院

施設の概要

公立野辺地病院は、野辺地町、横浜町、六ヶ所村の三町村からなる北部上北広域事務組合に属しており、地域の中核病院として一般病棟、地域包括ケア病床、医療療養病棟を有し、さらに訪問看護ステーションと指定居宅介護支援事業所を併設し、地域の皆さまの医療・介護ニーズに対応しています。


看護局の基本方針

看護局では、地域の皆様に安心して医療・介護を受けていただけるよう、質の高い看護・介護サービスの提供に努め、患者様から選ばれる病院を目指しています。
公立野辺地病院の基本理念「患者の権利を尊重し、安全で心の通った医療を提供します。」を受け、看護局では4つの基本方針を掲げています。
1.患者と家族の権利を尊重し、倫理に基づいた看護を提供します。
2.患者のいのちを守り、治癒力を促すとともに安全で質の高い看護を提供します。
3.地域の中核病院としての専門性を活かした看護を実践し、社会に貢献します。
4.病院の経営に積極的に参加します。


人材育成について

看護職員が組織及びチームの中で自分の役割を理解し、自ら考え責任を持った行動ができるよう育成しています。またお互いに尊重・信頼し、連携を築ける態度・コミュニケーション能力を身に着け、精神的にも身体的にも働き続けられる職場環境を整えています。
公立野辺地病院では、プリセプターシップ制を導入し新人教育を行っています。プリセプティーのレベルに応じたフォロー体制を構築しています。また、新採用者同士の交流の場を設け、一人で悩みを抱え込まないよう情報交流の場を提供しています。
継続教育についてはクリニカルラダー別教育計画を企画し、eラーニングを活用した最新の知識や技術が習得できるように教育環境を整備し、教育サポート体制の充実を図っています。また、看護職員個々の能力向上、専門職としての自立したキャリア形成を目指し、認定看護管理者をはじめ認定看護師などスペシャリスト育成にも積極的に取り組んでいます。


看護管理者としての思い

私が主任として勤務していたころのことですが、業務を行う中で苦手なスタッフに助言できず悩んでいた時に、上司から「苦手な人は自分を成長させてくれる。苦手な人には自分から話しかけるようにしたほうが良い。」と言われた言葉が今でも心に残っています。それからは、職員一人ひとりの個性を尊重し信頼関係を築く事を大切にしています。
総看護長となってからは、あらゆる職種の職員とコミュニケーションを円滑に取り、組織横断的に連携することを心がけています。今後も多職種と連携し、お互いの専門性を生かした職場風土を醸成し、魅力ある組織づくり、働きやすい環境を整えて行きたいと思います。




公立野辺地病院

過去掲載記事はこちら

e e とどけるん とどけるん 青森県医師会 青森県 えがおのひろば