看護職インタビュー・紹介記事

社会福祉法人素心の会 特別養護老人ホーム素心苑 施設長 照井 史子 さん

特別養護老人ホーム素心苑

照井さん(写真中央)

施設の概要

 社会福祉法人「素心の会」は1法人2施設の地域密着型ユニット型特養です。平成26年五戸町に「素心苑」(入居者29名・短期入所者10名)を開設。平成31年に八戸駅から徒歩10分の場所にサテライト「八戸素心苑」を開設。職員総数80名。看護師(素心苑4名・八戸素心苑3名)・嘱託医・管理栄養士・介護福祉士・介護福祉専門員・生活相談員・事務員・ドライバー等で協働します。
<特色>
1,青森県認証介護サービス事業所認証(質の高い介護人材育成と利用者のニーズに合った質の高いサービス提供に積極的に取り組む施)
2,ユニットリーダー研修実地研修施設(東北6県で8施設ある一施設に指定)


法人理念・運営方針

 理念は、「感謝をもって誠を尽くす」。命、自然、出会い全てに感謝の心を持って誠心誠意努力し「素」の心で人として成長し続けることを大切にしています。運営方針は「ごく普通の暮らし」。コンセプトは「普通の家」。
少人数の入居者と職員を固定配置して家族のような信頼関係を築き易くする(ユニットケア)仕組みで、和風平屋建ての全室個室。各ユニットにはそれぞれの玄関があり、廊下やリビングは畳敷き、障子がある全国でも珍しい造りです。 家族からの差し入れ、晩酌あり・リフト付き木の個浴・面会宿泊は自由。地域包括ケアの一環として、その人がその人らしく最後まで生きることを支援します。


看護師に期待すること

 医療現場からこられた看護師は、夜勤もなくゆっくりした流れに驚かれます。 入浴等の身体介護などは介護士が行いますので、看護師の主な業務は体調管理・経管栄養・服薬管理・病院とのパイプ役です。医師は常在せずオンコール対応で、いざというときの判断力や技術と優しさを伴った人であることを期待します。 頼りになる看護師の存在は入居者やご家族にとってはもちろん、スタッフにとってもこれほどありがたい存在はありません。私は特養の施設長として、ケアの実働部隊である介護士や看護師の後方で、その背中をしっかり支える存在だと認識しています。


心に残るエピソード

この先、そう長くないとご家族もよく考えられて「胃ろうをつけない」という選択をされて病院から帰ってこられました。点滴もなく無理に食べさせたりもしません。少しの栄養食と水分で口内を潤し自然の手に委ねるということは、ご家族と医師と私たちとの間に強い信頼関係がなければできないことです。その数日後にご家族と手を重ねたままで静かに旅立たれました。ご家族より「母は最後の場所は家(素心苑)でと願っていました。その願いが叶えられて私たち家族も皆幸せです。」と声を詰まらせました。最後まで自分らしくという感性を見せてくれる職員にも胸が熱くなりました。




特別養護老人ホーム素心苑

過去掲載記事はこちら

e e とどけるん とどけるん 青森県医師会 青森県 えがおのひろば