看護職とは

「看護職」とは保健師、助産師、看護師、准看護師のことで、様々な場面で働いています。
看護師の数は約150万人。超高齢社会を迎える中で、看護の力はますます必要とされています。

看護職の仕事

保健師

保健師の仕事は、人々が健康な生活を送れるように保健活動を行うこと。保健センターなどの公的機関で乳幼児健診・母親学級などを実施したり、生活習慣病予防対策や各種検診を行うなど、地域住民の健康づくりが主な仕事です。高齢者などの自宅療養者の家庭を訪問したり、介護予防の取り組みも。企業に勤め、働く人たちの健康相談や健診結果に基づいた保健指導・環境調整も行います。



助産師

助産師の仕事はとても幅広く、出産の介助はもちろん、出産にいたるまでの妊産婦への保健指導やアドバイスから、産後の母子のケアまで担っています。ほかにも、育児指導や、不妊治療を行っている夫婦の相談、思春期・更年期の性に関する相談など、女性の生涯を通じた健康問題にも関わります。病院・診療所に勤務する以外に、自分で助産院を開業することも可能です



看護師

看護師の仕事は、傷病者や妊産婦の療養上の世話をしたり、診療の補助を行うこと。“人を看る”という看護師独自の視点で観察や判断をし、患者さんの生命と生活を支えています。病院や診療所などの医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設など、活躍の場はどんどん広がっています。

関連リンク

看護職を目指す方(日本看護協会)

看護職になるには(日本看護協会)

やっぱり看護の仕事(日本看護協会)

キラリ看護の仕事(日本看護協会)

ナースストリート(日本看護協会)


全国の看護学校(日本看護協会)

e e とどけるん とどけるん 青森県医師会 青森県 えがおのひろば