看護師等の届出制度について

「看護師等の人材確保の促進に関する法律」(人確法)の改正により、平成27年10月1日から、国の制度として離職看護師等の届出制度が施行されました。これにより保健師・助産師・看護師・准看護師の免許保持者は、現在の職場を離職した場合などに、都道府県ナースセンターへ氏名や連絡先などを届け出ることが努力義務となりました。また、現在、免許を保有しながら看護職として就業していない潜在看護職も届出の対象です。
届出先となる都道府県ナースセンターは、日本看護協会が運営している「とどけるん」を運用しています。届出は、届出サイト「とどけるん」や、全国の都道府県ナースセンターの窓口で行えます。届け出た看護職には、研修などの情報をタイムリーに提供し、復職を希望する際には、従来からナースセンターが提供してきた無料職業紹介や復職支援研修などの機能を生かし、迅速・丁寧な支援を行います。

退職される方へ

離職した看護職の状況をナースセンターが把握することで、復職を希望する方の支援や、ご自身に合う病院紹介、生活に合わせた働き方の提案が可能になります。
また、結婚・育児等で長期間現場を離れてしまい現場への復帰が不安な方にも、最新の医療の技術研修を用紙し、職場復帰しやすい環境を提供します



とどけるん

本人用


e e とどけるん とどけるん 青森県医師会 青森県 えがおのひろば